2016年4月23日土曜日

盛岡一高のSGH事業


2016.4.13岩手日報














上記は、「盛岡一高が平成27年度からSGH指定校となり、様々な成果を上げている」という内容の記事です。

*SGH(スーパーグローバルハイスクール)については文部科学省SGHのページ参照のこと。

このような取り組みによって、生徒の潜在能力が発揮されたり、周りの世界に対する見方が変わるということは良いことです。

人は何か大きなきっかけ(外部からの強制力)がないと、自分から行動したり、見方や考え方を変えることはできないですから。

今後も盛岡一高の生徒たちが高い意識を持って取り組み、大きな成果を出してくれることを期待しています。

盛岡一高のSGH事業はあと4年間続くので、盛岡一高への進学を目指す生徒のみなさんは、ぜひ、このチャンスを生かしてください。

盛岡一高進学を目指すにあたっては、学問的好奇心というものを持っておいてほしい。

勉強していて、興味が湧いたことや疑問に思ったことがあったら、自分で調べたり考えたりして、学問的好奇心の種を増やしておくことが大事です。

もしかしたら、それが将来の仕事につながるかもしれないですからね。













2016年4月13日水曜日

盛岡一高を目指すために必要なこと


盛岡一高は岩手県内ではNo.1の進学校ですが、全国的に見れば中堅レベル。

まずは、もっとレベルの高い高校があるということを認識してほしい。

大学受験では、その全国の進学校の生徒たちと勝負しなければいけない。

であるならば、高校受験でバタバタしているようでは心許ない。

高校受験はひとつの通過点と考えて、中学から大学受験を目指すくらいの高い意識をもつことが必要である。

小学・中学での勉強の仕方いかんで、高校・大学の進路のみならず、学びの質も大きく変わってくる。

自分は頭が悪いから

努力するのが苦手だから

部活が忙しいから

勉強が嫌いだから

そういった言い訳ばかりの自分を変えることで、不可能が可能となる。

自分を変えたい!成績を上げたい!

滝沢進学塾はそういう強い気持ちのある生徒を合格まで導いていく。